岩手県ILC推進協議会

English

menu

文字サイズ

地域紹介

local-img

岩手の特色

 国内最大級の広大で肥沃な土地である岩手県。山、海と大自然が、豊な恵みを与えてくれます。

 岩手県最高峰で南部富士岩手山(富士山に似ている事からそう言われる)を中心に広大に広がる山々。その山々に囲まれるように盛岡市を中心に、周辺市町村には「平泉文化」を代表とする歴史と文化を物語る史跡が点在します。

 県内には豊富な湯量の温泉が数多く点在、また沿岸部は三陸と称され、三陸復興国立公園(旧陸中海岸国立公園)に指定されています。海岸は多種多彩な地形を有し、その沖合いは世界有数の漁場となっており、新鮮な魚介類が豊富なことでも有名です。

 春は桜、夏は海水浴、秋は紅葉、冬はウィンタースポーツ、春夏 秋冬に行われる情緒豊かなお祭。そして山海の食。

 通年四季折々に楽しむ事が出来ることがいわての大きな魅力です。

岩手県の位置

 岩手県は日本の北東部に位置し、14市15町4村の計33市町村から構成されています、県庁所在地の盛岡市は北緯39度42分東経141度09分に位置します。東西約122km、南北約189kmと南北に長い楕円の 形をしており、面積は15,378km²で、日本の都道府県としては、北海道に次いで2番目に広く、日本面積の4%を占めています。

map

岩手県の気候

 岩手県の内陸部の大部分は山岳丘陵地帯で占められ、西側には秋田県との県境に奥羽山脈があり、これと平行して東部には北上高地が広がっています。そして、この二つの山系の間を北上川が南に流れ、その流域に平野が広がっています。
 奥羽山脈の山沿い地方は、冬に雪の多い日本海側の気候であり積雪量が多く雪質もいいため、国内有数のスキー場が点在しています。
 内陸は内陸性気候で、北上高地は高原性、盆地性の気候を示し、夏と冬、昼と夜とで温度差が大きく、県庁所在地の盛岡市は、冬期間は、寒い日が多くなります。
 また、沿岸部では海洋性の気候を示し、夏は涼しく冬は積雪も少なく内陸ほど寒くなりません。
 地域によって気候に違いがあり、また四季の変遷がはっきりと体感できることも特徴のひとつです。

2013年盛岡市

0101kion_mo0201ame_mo0301yuki_mo

平均気温(度) 最高気温(度) 最低気温(度) 降水量(mm) 降雪の合計(cm) 最深積雪(cm)
1月 -2.9 0.7 -7.1 61.5 98 41
2月 -2.3 1.3 -6.1 41 64 39
3月 2.5 7.6 -1.7 70.5 9 26
4月 7.8 13 2.8 100 0 0
5月 13.8 19.7 8.6 47.5 0 0
6月 20.4 26.3 15.2 50.5 0 0
7月 22.1 26 19.4 461 0 0
8月 24.2 29.4 20 225 0 0
9月 19.9 24.9 15.7 202.5 0 0
10月 13.9 18.2 10 252.5 0 0
11月 5.9 10.9 1.3 82.5 1 1
12月 1.4 4.8 -1.5 48.5 31 16

資料:盛岡地方気象台

2013年一関市

0102kion_ic0202ame_ic0302yuki_ic

平均気温(度) 最高気温(度) 最低気温(度) 降水量(mm) 降雪の合計(cm) 最深積雪(cm)
1月 -1.3 2.4 -4.7 36.5 50 20
2月 -0.9 3.1 -4.2 21.5 52 10
3月 3.8 9.7 -1.5 9.5 0 0
4月 9 14.3 3.5 114.5 0 0
5月 14.5 20.6 9.5 47.5 0 0
6月 19.8 25.5 15.6 82 0 0
7月 22.1 25.8 19.6 497.5 0 0
8月 24.8 30.4 20.9 85.5 0 0
9月 21 25.9 17.2 165.5 0 0
10月 15.2 19.2 11.8 200.5 0 0
11月 7 12.6 2.3 31 0 0
12月 2.3 6 -0.7 88.5 47 21

資料:盛岡地方気象台

2013年大船渡市

2013年大船渡市 平均気温2013年大船渡市 降水量2013年大船渡市 降雪量

平均気温(度) 最高気温(度) 最低気温(度) 降水量(mm) 降雪の合計(cm) 最深積雪(cm)
1月 -0.4 3 -3.7 26 17 7
2月 -0.1 3.7 -3.3 23 8 8
3月 4.5 9.9 -0.2 11.5 0 0
4月 9 13.6 4.8 162.5 0 0
5月 12.3 17.4 8.4 48 0 0
6月 17.6 21.8 14.2 45.5 0 0
7月 21.1 24.5 18.8 412 0 0
8月 23.7 28.1 20.3 79.5 0 0
9月 20.5 24.6 16.8 119.5 0 0
10月 15.5 19.4 11.9 260.5 0 0
11月 8.4 13.4 3.5 41.5 0 2
12月 3.7 7.3 0.2 55 8 12

資料:盛岡地方気象台

良好な立地社会環境

  1. 道路、鉄道、空港、港湾からILC衝突点、キャンパス候補地への良好なアクセス
  2. 近隣都市、既存の町などへ分散居住可能
  3. 既設インフラと民間資金を生かし、公的負担を最小化
  4. 新幹線、高速道路等陸路による東京、つくば(KEK)との良好な連携
  5. 仙台・花巻空港と成田・羽田国際空港を活用し世界中へアクセス
  6. 仙台の都市機能の活用、東北大学等多くの大学、研究機関との連携
  7. 医療、教育も十分なポテンシャル
  8. 冷涼な気候、三陸復興国立公園、スキー場、温泉、マリンスポーツ等による良好な居住環境を提供
  9. 平泉の世界文化遺産、白神山地の世界自然遺産等、歴史と文化、豊かな自然環境
  10. 安全・安心な生活環境、公害のない清涼な環境

 

<参考資料>
今こそ、東北へ!「東北六県周遊ガイド」
Travel Guide for Tohoku’s Six Prefecture

英 語(English)

中国語(中文)

韓国語(한국어)

PAGE TOP